J&Kサイパンのウエイクボーダーミューズ久実子が、ウエ イクボードに人生をかける情熱の日記!
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新・・・・年長レコード(^^)V
2011年05月17日 (火) | 編集 |
P5150392.jpg

前日に予約が入ったときには何もインフォメーションは無かった。

お迎えに行くと、既にCBCのカウンターに居るって電話が入り・・行ってみると・・それらしきお客様は??
(どうりでロビーで探せなかったはずです・・・・Hさんご高齢っす。。。)

家の旅行社に出してる調査票でも年齢制限65歳のはずですが・・・・確認したところHさん68歳です
水上スキーも山スキーもスノーボードも経験なし・・・別にマラソンとかで普段から何かやってもいないとか・・
でもウエイクに挑戦したいそうです・・・ハードですよ・・と言っても「俄然やる気が出てきました!」って・・

年齢制限を理由に断ることは簡単だけど・・自分がやりたいって思ったとき、年齢で判断され出来なかったら私はどうだろう?って考えてみた。。。。年齢は上がってもきっと私だって頭の中は今とほとんど変わらないんだろうな??って思ったら、Hさんのウエイク何処まで出来るかわかんないけど、お手伝いしようって思った。

陸上説明も普段どおりではなく・・・(だって大人(?)だもん・・)
一緒にやるつもりで私も海中に入り、板を着ける時からそばに居た。
  「僕はきっと大丈夫ですよ....一人でも・・・」
  「かわいくない!。。。だったら私が海入る前に言ってよね!」(誰にでも強気。。。)

さて・・・・肝心のウエイクですが・・・婆の愛情溢れるサポートの結果・・1発で立ちました
(ただ・・婆が船に上がってしまってからは・・・

Hさん・・・これからも色んなことにチャレンジするんでしょうね陸トレの時から心配そうに見ていた奥様も・・・ウエイク終わってボートが帰って来た時はビーチに笑顔で待っててくれましたね。。ナイスです。

私もHさんの年齢になるまでウエイク続けられそうな・・・良い気分になりました

J&K ウエイクボード初心者コース・・・年長レコード更新であります
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/05/17(火) 21:51:16 | | #[ 編集]
年長、年長って・・・・
お言葉ですけどね、この次は完璧にできると思いますよ。v-8
大体、教え方がですねぇ「腕伸ばせ、足開け、膝閉じろ、顎引いて上を見ろ、力抜け、頑張るな」まではまあいいとしても「ロープは引っ張るな、もたれるな、無いものと思え」だなんて、まったく非論理的で、まるで禅問答じゃないですか。v-31
で、あの晩、寝ずに考えた結果、次の結論に達したのです。v-221
スタートの時、水とケンカして敢え無くダウンしてしまうのは水面に対するボードの角度が悪いからで、もう少し水面と平行にして水をいなせば、自然に体は水の上に上がってくると・・・。v-16
理屈ばかり言っていてもどうせアナタはフフンって鼻で笑われるでしょうから、実際に見せてあげないと・・・、なんかますますファイトが沸いてきましたわ。v-91

2011/05/17(火) 23:33:01 | URL | 松江の海爺 #-[ 編集]
あのぉ~~~~
年功序列・・・年上には結構低姿勢な婆ですが・・・
海爺・・・とは300年早いと思いますよ。。。。

海に精通し、海を愛して、・・・の海婆ですv-8

して・・・寝ずに考えた結果は既に説明済みであり・・・それでも戦うからああゆう表現になっちまうんですe-350

じゃ・・・イメージ出来上がったら見せに来て下さいなぁ~~e-463
2011/05/20(金) 22:18:40 | URL | #-[ 編集]
Re: 帰りました
> 一昨日はお世話になりました。今、我が家に帰りました。
> 本当はもっとやりたかったけど、あの日は両家族全員で夕食を、ということになっていたので自重しました。思っていたよりズッとハードだったので・・・。
> ウエイクボード(とまで言えないか(^^;)が終ってホテルに送ってもらう時に「若い人は翌日ぐらいに体が痛くなるけど、アンタは二日後ぐらいに痛くなるよ」って言われたけど、お生憎様、腕があの夜ちょっと痛かっただけで、その後は全く何ともありません。若すぎるのかなぁ。
> あの夜、悔しくて寝付かれず色々考えましたが、私がうまく立ち上がれなかったのは、向かってくる水に対してボードがほぼ直角に近い角度になっていたため、モロに水の抵抗を受けたからだという結論に達しました。
> 多分、初心者の心理として、立ち上がるときにボードと水面が平行に近い角度になると、ボードが水の上を滑って後ろに流され、自分の体だけが前に引っ張られるような恐怖心が起こり、その結果ボードを立ててしまうのではないでしょうか。
> そういえば、ボードの裏はツンツルテンじゃなくて、抵抗板みたいのがありましたよね。ひょっとして、あれが滑り止め?
> とにかく、もう一度挑戦したいと思っています。そして最年長記録を更新します。そのときはヨロシクね。

おっと・・・・・
こんな所にもコメントが・・・
まっ・・・あまり考えすぎるところが大人の欠点ですかね。
足の力を抜いていれば水圧がかかれば体とボードはもっと押されて近くなるはずです。
イコールかかととおしりを近ずければ難なく水上でうんこ座りになると・・・

ただ単に、体も足もガンガン水圧受けまくっていた時は立てなかった・・・ってことです。

ちなみに私も、また中級者以上の人はスタート時はボードを海中に沈みこめ、そのボードの上に浮かせてもらっている状態からスタートします。たとえボードも体も海中にあっても、ボートが進めば浮いてくるんですよ。
様は慣れと・・・力を抜くことです。

再度の挑戦お待ちしております。
2011/05/20(金) 22:32:38 | URL | 海婆(うみばば) #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。